• リロケーションとは

  • リロケーションとは「再配置」とか「移転」という意味で、住宅用語として使われる際は、転勤など、一定期間転居する人の住宅を預かり、賃貸として他に貸し出し、賃料の徴収や管理点検などの日常的に管理業務、また、明け渡しの保証などを請け負う業務形態のことを言います。古くから、借地人・借家人を保護するための「借地法」により借地人・借家人の立場が保護されており、一度土地や家を貸してしまうと契約の更新を拒むには「正当事由」が必要となり、地主や家主が土地や家を貸すことには不便な背景がありました。

    転勤など、一時的な期間だけ不在にする場合などでも、仕方なく売却するか、通常の賃貸にするかしか選択肢がなかったのですが、平成12年3月1日施行の「定期借家権」導入後は、期限付借家制度が定期借家制度に移行したため、転勤者はもちろん、普通の大家さんも期限付で建物を貸せるようになり、リロケーションが注目を浴びるようになりました。バブル期にマンションを購入したものの、バブル崩壊後価格が下がり過ぎ、売ろうにも、ローンさえ返せない程値下がりし、売ることができない場合でも、ローン返済分ぐらいの賃料収入は得られ、転勤から戻ってきたら、また自分に住める事になった訳です。

    ※お役立ちサイト情報※
    引越しの予定がある方へ。お得な引越し一括見積もりサービス「引越し見積もりぽん」をご紹介します。ご興味があれば是非ご覧ください! → 引越し 一括見積もり